ストレスで心が疲れた時は

ハート

真面目な人は要注意

「仕事が忙しいから」や「自分は大丈夫だから」という理由を付けて、精神疾患の適切な治療を受けず、症状を悪化させてしまう人がいます。重症化する前に専門医の診断を受けて病気を自覚し、治療を進めることで日常生活への影響を最小限に抑えることができます。特に、正義感が強く、仕事を頼まれると断れない性格の人は、うつ病になりやすいと言われているため注意が必要です。うつ病は、仕事のストレスや職場や学校、家庭での人間関係などをきっかけに発症すると言われています。いつの間にか、自分の能力以上の仕事を抱え込み「絶対やらなければいけない」と自分を追い込んだ結果、不眠や食欲不振などの体調不良を引き起こすこともあります。また、みんなの取りまとめやリーダーシップを任されて人間関係に翻弄され、上手く立ち回ることができなくなった結果、精神的に追い込まれることもあります。真面目で仕事をきっちりこなすリーダータイプの人は、うつ病になりやすいと考えて注意することが大切です。最近では、調子が良いときと悪いときの差がはっきりしている「非定型うつ病」という新しいタイプの診断がつくケースも多くなっています。このタイプは「人から良く見られたい」と周りの目を気にする30代の女性に多く、従来のうつ病とはタイプが異なることが特徴です。一見すると、気分屋とも捉われがちな病気ですが、極度に他人からの評価を気にして、周囲の目に怯えがちな人は注意する必要があります。精神疾患の治療は、他の病気と違って心の状態を安定させることが重要なため、カウンセリングや問診が最も大切になってきます。また、今の気持ちやストレスの原因を話し、外へ吐き出して理解してもらうと安心する人は、定期的にカウンセリングを受けることがおすすめです。心療内科や精神科では、初診で一時間程度の長時間のカウンセリングを行うところが多く、その際にしっかりと病名の診断を行います。同じうつ病でも様々な種類があり、また患者によって家庭環境やストレスの原因が異なるため、それぞれに対して丁寧に診断を行うのが特徴です。時々、「同じうつ病でも心理カウンセラーが付いたり付かなかったりする」という質問がありますが、これも患者の症状によって対応が異なるからです。カウンセリング治療の大きな目的は、「人に言葉にして話し、気持ちを整理させて、症状を改善させること」にあります。そのため、「自分のことを人に話しても大丈夫な人」か「健康的に話せる状態にあること」が大前提となってきます。また、心理カウンセラーによる特別なカウンセリングは、一時間一万円程度の費用が一般的で、経済的な余裕があるかも重要なポイントとなってきます。しかし、人に話して気持ちを整理させることで症状の改善に繋がる人は、積極的に話してストレスをため込まないようにすることが重要です。

Copyright© 2018 非定型うつ病の場合もあり!【 重症化する前に専門医の診断を受ける】 All Rights Reserved.